Topics2022/01/12

【ビジネスソリューションコース】佐伯市水産業活性化プロジェクト 第5話 「中間発表会&試食会」

  • d1
  • d1
  • d1
  • d1
  • d1

11月20日(土)に佐伯市のさいき城山桜ホールにて佐伯市水産業活性化プロジェクトの中間発表会&試食会を行った話をしましょう。

まずは、学生のプレゼンテーションからスタート。これまで佐伯市の水産業に携わる方々から伺った話や自分たちで行った調査内容や提案を発表しました。
ご参加頂いた皆さまからは、真剣なコメントと温かいメッセージを沢山頂戴いたしました。

続いて、食べて知る佐伯市の水産業の情報誌「さいき・あまべ食べる通信」の平川編集長様より佐伯市の魅力や水産業の課題、さいき・あまべ食べる通信の誕生秘話についてご講演頂きました。佐伯市の水産業について深く調べ、その魅力を伝えている平川さんの奥深い話に、みんな引き込まれてしまいました。

そして、今回お世話になった水産業者さまの商品を食べずには本質を語ることはできないということで、試食会が開催されました。
大きい魚や、ちょっと素人には難しい魚を水産業者さまに捌いて頂きましたが、その手際の良さはあっぱれとしか言いようが無く、みんな惚れ惚れと見とれるばかりでした。
お皿に綺麗に盛り付けたら、いざ実食です。「こんな美味しい魚初めて食べた!」「この食べ方最高!」など感動の声が続々と聞こえてきました。

最後に、自分達も魚を捌けるようになろう!ということで、「おおいた食育ひろげ隊」の久野由香様に教えて頂きつつ、一人1匹鯵(アジ)を捌くことに挑戦しました!
自分で捌いた鯵を食べるのは格別。ぜひ今後も色んな魚を捌いて、特技にして欲しいものですね。

お忙しいにもかかわらず快く作業を見せ、お話を聞かせてくださった上、今回会場にもいらっしゃり多大なるお力添えをしてくださった水産業者の皆さま、「道の駅かまえ」駅長の早川様、佐伯市役者水産課の皆さま、「さいき・あまべ食べる通信」編集長の平川様、「おおいた食育ひろげ隊」の久野様(未来に繋ぐお魚ごはんサークル代表)に、大変感謝しております。

皆さまに頂いたコメントを踏まえ、全体報告会に向けて各班のアイディアをブラッシュアップしていく予定です。

なお、当日の様子は、2021年11月25日(木)の大分合同新聞に掲載されました。

Informationインフォメーション

  • NBU日本文理大学公式サイト
  • 2018 OPEN CAMPUS 日本文理大学受験情報サイト「受験情報はここでチェック」