情報メディア学科

business & economics

スポーツビジネスコース

東京オリンピック開催を追い風に、スポーツビジネスはさらに発展。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2019年のラグビーW杯、さらにスポーツ庁創設など、“スポーツ”は経済発展や地域活性化などの大きな原動力となっています。本コースでは様々な「NBUオリジナル授業」を通して、多様化したスポーツ消費者に対応できる知識や、スポーツビジネスに必要なマネジメント力・創造力、経営ノウハウを備えた人材を育成します。

スポーツの限りない魅力をビジネスへ。

プロスポーツのマネジメント、スポーツイベントの企画、こどもたちを楽しませるレクリエーション。スポーツが秘めている魅力と可能性に、それぞれの個性やアイデアが加わり、スポーツの新たな価値を創っていきます。

学びのフィールド

こんな力を身につける!
こんな人材を育てる!

Jリーグ「大分トリニータ」との提携講義やスポーツトレーナー養成プログラムなど、NBUオリジナルの授業を通して理論と実践を結びつけます。スポーツと様々な分野を融合させながら、消費者や時代のニーズに合わせたサービス・商品を提供できる実践力を習得します。

“スポーツ”の可能性を無限に広げることのできるマネジメント力や創造力を持った人材を育成します。

研究 PICK UP!
堀仁史 准教授
te
少子高齢社会を「健康」の観点からサポート。

運動指導の実践現場におけるフィールド調査を中心に研究活動を行っています。「健康」は、これからの日本においてこどもから高齢者まで幅広く求められます。「スポーツ・運動」は健康づくりだけでなく、日本の医療費抑制や地域活性化のツールとしても非常に重要なのです。また、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者などが取得するスポーツトレーナー資格NSCAの「CSCS」と「NSCA-CPT」の指導を通じて、科学的知識・技術に裏づけられたトレーニングを実践できる人材も育成しています。

研究分野
健康スポーツ科学
te
研究 PICK UP!
竹田隆行 准教授
te
時代が求める「マネジメント」×「スポーツ」。

オリンピック・パラリンピック、サッカーW杯など世界規模のスポーツイベントが注目されるのは、そこに様々な価値があるからです。しかし、スポーツ業界ではマネジメントを学んだ人材が不足しています。本研究室では、Jリーグ「大分トリニータ」を実習の場に観戦者調査を毎年行い、改善点等を提案しています。また、プロスポーツチームのブランディング、スポンサーメリットの確立、スポーツボランティアのマネジメントなども研究テーマです。スポーツ関連にとどまらず、観光や健康、医療といった他業種にもスポーツビジネスを応用できる人材を育てます。

研究分野
スポーツマネジメント
te
全コース取得可能
スポーツトレーナー資格
NSCA認定プログラム
「スポーツ」は、私たちの生活の全方位につながる無限大の可能性。

NBUでは「経営経済分野」で学ぶ知識とビジネスセンスを基礎に「スポーツ」「健康」「医療」「福祉」をキーワードにして、様々な業界・職種に生かすことのできるNSCA認定プログラムを推奨しています。

NSCAとは?

アメリカ発祥のグローバルな資格

NSCAは、1978年に設立され、世界52カ国にわたり、様々な職種(ストレングスコーチ、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者など)の方が会員として所属するアメリカに本部を置く団体です。NSCAには2つの資格認定試験(「CSCS」と「NSCA-CPT」)があり、その認定者数は、全世界で合計34,000名を超えています。日本文理大学は、「CSCS」(2007年?)ならびに「NSCA-CPT」(2013年?)の認定校になっています。

プラスαプログラム
  • 資格対策講座
  • NBU強化クラブ学内研修制度
  • インターンシップ制度
  • 医学全般セミナー(系列校)
  • 協会主催研修セミナー制度
  • 海外研修制度 など

Topicsスポーツビジネスコースの記事一覧

Informationインフォメーション